デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2016年12月01日 5 コメント

20161201a
2015年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で小中学校の理数全てが過去最高を記録した事を受け、30日、時事通信が「文部科学省は脱ゆとりに自信を深めている」と報じ、ゆとり世代(現在13歳~29歳)から大きな怒りをかっているようです。

ネットには大まかに次の様なコメントが寄せられています。

「『脱ゆとりに自信』って『お前らは失敗作』ってことか』

「俺らは実験動物かよ。モルモットかよ」

「ゆとり教育を失敗みたいに言うなら、その世代に対する補償はないのか?」

▼話題の記事

ゆとり世代の特徴
20161201a1
[文科省「脱ゆとりに自信」にゆとり世代の怒り爆発 「おれらは実験動物かよ、モルモットかよ」]

▼ネット上の反応

  • 教育じゃなく、自分で学習すればいいだけ
  • 失敗作って自覚なかったの?w
  • 上級国民のご子息が有利に生きる社会のためのモルモットやで
  • 元々全世代が一種のモルモットですが、何か?
  • ゆとり世代って名前つけられてる時点で気付かないとー
  • 脱ゆとりとか皮肉たっぷりの言葉よね
  • オンリーワンは綺麗事でしたw

▼文科省「授業時間の増加が今回のTIMSS平均点アップに繋がった」

ゆとり教育以降の小中学生の学力低下が問題となり、文部科学省は2008年、学習指導要領を改定し、授業時間数など学習内容を増やしました。

今回のTIMSSの平均点アップについて、文科省は「授業時間を増やしたのが大きい」としていますが、ネットには「結局元の詰め込み型に戻しただけなのでは?」という指摘も少なからずあると言います。

しかし、文科省は2020年から実施される新学習指導要領についても学習内容を減らさない考えを示しています。

[「脱ゆとり」自信深める=新指導要領でも継続―文科省・国際学力調査]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へのコメント

1. No Name !   2016年12月01日 19:21   Nf9nlD9l0
元教師。ゆとり教育が失敗することは分かっていた。35年前の教育内容の6割しか教えないのがゆとり教育。これはマスコミが児童生徒の荒廃の原因を教育のせいにしたためである。馬鹿なテレビ番組で遊びが一番だとか、押しつけ教育がいじめを作ったとか嘘ばっかりを報道した。新聞、テレビ、雑誌全てが教育内容を削減してゆとりを持たせたら学校の問題は無くなると嘘を広めたからである。実施した結果、いじめは増大、学力は急激に低下、不登校は数えるほどしかいなかった時から10万人以上に増加した。学校の荒廃の原因は別である。ゆとりが無くなったのは学力の低下が企業の力を落とし、経済が崩壊することが予見されたからである。まあ、マスコミは経済や日本人を荒廃させて共産主義国家を作りやすくしようと意図した。民主党政権樹立までは成功したが結果は失敗。
2. No Name !   2016年12月01日 20:06   xfT6iV.f0
文科省は幹部がみんな学士だからねえ…
本格的な学問を積んだわけでもないし、西洋東洋の教育の伝統に通じているわけでもない。
何らの伝統とも関係を有しない怪しい風潮の教育論に惑わされ、近頃流行りの研究成果を表面だけ取り入れる。
そりゃあ、行き当たりばったりになるわ。
3. No Name !   2016年12月03日 12:07   GqfQFN5t0
あと、日教組も絡んでいるから話はさらにややこしく・・・
4. No Name !   2016年12月09日 23:37   M8c4kHWK0
もう私たちみたいな不幸な人たちを生まないようにしてね
5. No Name !   2017年01月08日 23:14   kaquCHXL0
とりあえず文科省は教育制度をいじりすぎ
しかも、ほとんど失敗してる
官僚の点数稼ぎにしか見えないような改革ばかり
教育は国の柱なんだからもっと慎重にやってほしい

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事
    スポンサードリンク