デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2016年11月21日 2 コメント

20161121b
今年問題となった電通社員の過労死問題。(実際に事が起こったのは昨年12月) これを受け、「22時消灯」「残業時間上限の引き下げ」といった対策を取った電通でしたが、現在Twitterでは「広告の鬼」と呼ばれた電通4代目社長、故吉田秀雄氏が昭和34年に残したとされる言葉が波紋を呼んでいます。

『頭脳作業を推し進めるために』と第されたこちらの文書では「最も厳しい頭脳作業である広告の仕事にとって精神と神経には適当な休息が必要」として、睡眠をとることや夜更かしをしないことを主張しています。

これを受け、Twitterには「これを守っていれば…」などといった声が寄せられていました。

▼話題の記事

吉田氏が34年に残したとされる言葉
20161121b1

▼ネット上の反応

  • 鬼十則に「これ」を入れていれば……
  • 広告仕事の難しさ、大切さを知らないのが今の電通と…
  • どこで踏み外してしまったのだろうか…
  • せっかく良い事を言い残しても、後続が都合のいいところだけ抜き取るのではね
  • 寝ろ、とは書いてるけど、寝られるような仕事量にしろ、とは書いてない
  • いざというときに言い逃れに使おうとしたのでしょうかね
  • これ、「だから休みを与えよ」と管理職に言っているのではなく、「だから仕事以外に時間を使うな」って社員に言ってますよね
  • このころから電通社員が過労で退職しているのに、まともに対応してなかったんだな

▼鬼十則とは?

鬼十則とは吉田秀雄氏が昭和26年に発表した電通社員の行動規範のようなもの。

内容は以下のようなものです。

■仕事は自らつくるもの。与えられるべきではない。

■仕事とは自ら働きかけていくことで、受け身でやるものではない。

■大きな仕事をしろ。小さな仕事は己を小さくする。

■難しい仕事をしろ。それを成し遂げるところに進歩がある。

■取り組んだら目的完遂まで放すな。

■周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのでは後に天地の開きができる。

■長期の計画を持てば、忍耐、工夫、正しい努力、そして希望が生まれる。

■自身を持て。仕事に迫力や粘り、厚味がないのは自信がないからだ。

■頭を常に回転させ、一分の隙きもないように八方に気を配れ。

■摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母であり積極の肥料である。

[鬼十則]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へのコメント

1. No Name !   2016年11月21日 19:09   06m.35ET0
電通は伸び悩んでる上にネット広告で稼ぐ媒体にコトゴトく撃沈且つ介入すら困難な状況
そりゃ人減らししたら一人当たりの仕事量増えるわな 悪循環
2. No Name !   2016年11月21日 23:24   0SxqSTDY0
もう終わってるな
電通なんてもういらねえだろ

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事
    スポンサードリンク