デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2016年11月14日

20161114d
13日に放送されたドキュメンタリー番組、『終わらない人 宮﨑駿』(NHK)でのある一幕が話題を呼んでいます。

その一幕というのが、ドワンゴ会長の川上量生さんが自社で作ったとあるAIを宮崎駿さんの前で紹介するシーン。

川上さんはAIを見せながら、「(AIは)早く移動することを学習させたもので、また、痛覚がなく『頭が大事』という概念がないので頭を足のように使って移動したりするんです」と説明。

しかし、これに宮崎さんが大激怒。

「極めて不愉快。生命に対する侮辱を感じる」と川上氏のプレゼンを批判され、これには川上さんも言葉を失ってしまいました。

▼話題の記事

川上氏が紹介したAI。痛覚がないため頭を足代わりにして移動したりする。
20161114d4
川上氏のプレゼンを批判する宮﨑駿監督
20161114d1
言葉に詰まるドワンゴ川上量生会長
20161114d3
[ドワンゴの川上量生が宮崎駿の前でプレゼン 「障害者を侮辱している」と激怒される]

▼ネット上の反応

  • 川上ざまあああああああああああああwwww
  • 勘違いした成り上がりのITヒルズ族が一線で活躍してきた本物中の本物の作家にブチ切れられてる姿は見ていて痛快だった
  • 川上さんが無神経だと思うわ
  • 取材が入ったタイミングでプレゼンをねじ込みたかったんだろうが大失敗だったな
  • 障害者どうこうより、よくあんなゴミみたいなアニメを巨匠に見せる気になったな
  • あれ見せて宮崎に凄いですね最先端ですねーとか言われたかったのかな
  • 鉛筆大好きアナログ人間と2進法大好きデジタル人間は噛み合ない
  • しかし川上って、とっちゃん坊やみたいな顔してるな

▼番組の詳細

どうやら川上さんはゾンビゲームに使えるのではと思い、こちらのAIを開発されたようです。

しかし、宮崎さんは川上さんのプレゼンを見て「障がい者の友だちがいるんですが、彼はハイタッチするだけでも大変なんです」と自身の体験を交え、「それを思い出すと面白いと思って見られない」と不快感を露わにしました。

「これを作ってる人たちは痛みとかについて何も考えないでやってるんでしょうね。こういうのを作りたいなら勝手にやればいい。僕はこれを自分の仕事につなげたいと思わない」

現場にいたスタジオジブリ代表取締役の鈴木敏夫氏も不快に思ったようで、「どこにたどり着きたいんですか?」と川上氏に詰め寄ったと言います。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事
    スポンサードリンク