デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2016年10月17日 1 コメント

20161017e
1985年、日清焼きそばU.F.OのCMに登場し一大ブームを巻き起こしたウーパールーパー(メキシコサラマンダー)。

現在ではペットとしても人気があり、ウーパールーパーの唐揚げを提供している飲食店もあるようです。

そんなウーパールーパーですが、現在環境汚染や開発による生息地の埋め立て、ティラピアやパーチといった外来種の台頭によって数が減っており、専門家によると2020年までに絶滅する恐れがあるとの事。

かつてはテスココ湖やスムパンゴ湖、チャルコ湖といったメキシコ盆地に広く生息していましたが、現在はメキシコシティの幾つかの運河に数えるほどしか生息していないようです。

日本で一般的に知られるウーパールーパー。「リューシスティック」というもの
20161017e1

▼ネット上の反応

  • 唐揚げにされ過ぎたか
  • ペットショップにいくらでもいるわな
  • ウーパールーパーの串焼きとか普通に売ってるじゃん。あれ河に放せばええんちゃう?
  • そもそも生存競争に勝ち抜ける要素ゼロじゃないか
  • がんばって日本で繁殖させようぜ
  • 動植物って絶滅を繰り返して進化してるのに大騒ぎし過ぎじゃないの?絶滅させるな=正義みたいな幼稚さが嫌い

▼科学者たちは…

ウーパールーパーの絶滅を避けるため、科学者たちは現地の人たちと共に「チナンパ農法」と呼ばれる伝統的な農法で作物を作ろうと尽力しています。

この農法によって水がきれいになりウーパールーパーの生息環境保全できるとされているようですが、農業に関心のある若者が殆どおらず、またチナンパ農法に必要な水路をせき止めたりする農家もおり、チナンパ農法復活は困難を極めているようです。

メキシコサラマンダー
20161017e2

▼ウーパールーパーが絶滅すればメキシコ人も絶滅する?

メキシコの固有種でありメキシコ人と深い関わりを持つウーパールーパー。

数の減少については以前から言及されており、1989年にはソチミルコ生態学公園が、1992年にはサン・グラゴリオ・アトラプルコ自然保護区がウーパールーパーや自然動物を守るために設立されました。

ただしウーパールーパーを脅かす外来種の問題は解決されておらず、また、養殖による個体数の回復が計画されているものの養殖された個体が自然の環境に適応できるかどうかは判然としていないようです。

ちなみに今回のウーパールーパー絶滅危機を発表したナショナルジオグラフィックの取材を受けた現地の方は「言い伝えではウーパールーパーの絶滅と共に我々も絶滅すると言われている」とコメントされたそうです。

[ウーパールーパーが絶滅の危機]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へのコメント

1. No Name !   2016年11月10日 00:54   PUq130JS0
大量に養殖されてるから絶滅とは違う気がするな

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事