デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2016年08月06日 1 コメント

20160806d
南太平洋のマーシャル諸島沖でアメリカの写真家、ブランディー・ミューラー(Brandi Mueller)氏によって撮影された写真。

第二次世界大戦中に使われていたとされる戦闘機の残骸です。

機体には色とりどりのサンゴが群生しており、藻がびっしりと繁茂しています。

ミューラー氏によればなんと150にも及ぶ機体が海に沈んでいたとのこと。

▼ 1
20160806d1
▼ 2
20160806d2
▼ 3
20160806d3
▼ 4
20160806d4
▼ 5
20160806d5
▼ 6
20160806d6
▼ 7
20160806d7
▼ 8
20160806d8
▼ 9
20160806d9
▼ 10
20160806d10
▼ 11
20160806d11
▼ 12
20160806d12
▼ 13
20160806d13

▼「飛行機の墓場」

実はこれらの戦闘機、戦闘によって墜落したものではありません。

大戦後に無傷のまま海に沈められたのです。

これらの戦闘機が乗っていた空母は第二次大戦中、マーシャル諸島のクェゼリン環礁で活動していました。

戦争が終わり、戦闘機をアメリカへと輸送する必要があったのですが、それには高額な費用がかかったため、やむなく戦闘機を無傷のまま海へ廃棄したのです。

[Подводное кладбище самолетов]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へのコメント

1. No Name !   2016年08月06日 16:48   hzvn88I60
もう二度と空を駆けることはない翼たち

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事
    スポンサードリンク