デジログ! = 世界はもっと楽しい。
mail | twitter | facebook | feed
はてなブックマークに追加 

Power Push !!

2010年04月03日 41 コメント


英国のロバート・ハリソン氏は安い気象観測気球とガムテープ、デジカメとGPS装置を組み合わせて宇宙から地球を撮影することに成功したとのこと(氏の flickrギャラリー)。あまりのクオリティの高さにNASAから撮影方法について問い合わせがきたそうだ(NASAは何百万ドルもかけたロケットが使われたのではないかと思っていたとのこと)。


たった500ポンド(約6.9万円)で高度 35000mから地球を撮影する仕組みを作った人がいるそうだ。

実際には「普通のキヤノンのカメラ」に「5分毎に起動して8枚の写真と動画を撮影した後、電源を切る」ようプログラムを変更する無料のソフトウエアを組み込み、それを気象観測気球にマウントしただけとのこと。また、低温でも動作に支障がないよう断熱材でカメラを覆ったとのことだ。

ヘリウムガスを入れた気球は地上では直径 1mしかないが、高度を上げるにつれて最大直径 20mに達するという。限界を超えると風船は割れ、カメラはパラシュートで地上に戻ってくる仕組みとのこと。地上に落ちたカメラは搭載したGPS装置を使って回収したそうだ。

▼ 1
1

▼ 2
2

▼ 3
3

▼ 4
4

▼ 5
5

▼ 6
6

▼ 7
7

▼ 8
8

▼ 9
9

▼ 10
10

▼ 11
11

▼ 12
12

▼ 13
13

▼ 14
14

▼ 15
15

▼ 16
16

▼ 17
17

▼ 18
18

▼ 19
19

▼ 20
20

▼ 21
21

▼ 22
22

▼ 23
23

▼ 24
24

▼ 25
25

▼ 26
26

▼ 27
27

▼ 28
28

▼ 29
29


宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 [Blu-ray]宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 [Blu-ray]

沈まぬ太陽 Blu-ray(特典DVD付2枚組) BBC EARTH グレート・ネイチャー ブルーレイ・シングル [episode1] スペシャル・プライス [Blu-ray] BBC EARTH グレート・ネイチャー ブルーレイ・デラックスBOX [episode2-6] 3枚組 [Blu-ray] 風の谷のナウシカ [Blu-ray] 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]

by G-Tools




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へのコメント

1.     2010年04月03日 16:01   no4TeFLr0
すげぇ・・・・
2. a   2010年04月03日 16:12   X7agy98i0
宇宙に浮かぶ太陽、青い地球・・・
これを個人で撮影ってすげーわ
3.     2010年04月03日 16:52   zjTbphsf0
パラシュートが開かなかったらちょっとした隕鉄だな
4.     2010年04月03日 16:57   Jr.WDSkq0
下に雲を見下ろしただけでも胸いっぱいになるのに。
宇宙までいくとか、すごいな。
5.     2010年04月03日 17:33   wYWMAjiQ0
まさにこの発想はなかっただな
6.    2010年04月03日 17:43   Zfncthao0
飛び出せ科学君だっけ? でハイビジョン撮影してたな。そういえば
7.     2010年04月03日 18:51   Cod.zPqE0
すごいわー
8.     2010年04月03日 20:14   T1CLRUyB0
ノーベル賞とれるんじゃね
9.     2010年04月03日 20:14   G5m4B8xd0
うまく取れてるね
10.     2010年04月03日 21:24   4Ia1M4ZE0
一方ロシアはエンピツを使った のコピペのみたいだな
11.     2010年04月03日 22:07   J0bXW7vF0
気球ってこんなに高くまで登れるもんなのか・・・
12.    2010年04月03日 22:49   fL4Ex5q20
キット発売してくれないかな...
13. 6   2010年04月03日 23:30   EwwbBBrc0
挑戦してくる
14. 七誌   2010年04月03日 23:32   lnOHDUv80
ちゃんと近くに落ちてくるんだねw
15. .   2010年04月03日 23:52   j..0vU2w0
ココリコがTBSでやってたやつじゃん
16. ..   2010年04月03日 23:58   Y.iAs2660
22の写真を見るんだw
きっとその写真の風景のどこかに落ちてるだぜ?
回収しに車で走り回るレベル。

でも地球規模でみたら近いっちゃ近いかもしれんw
17. ななし   2010年04月04日 00:11   pzoWA2lz0
やってみたいけどプログラムとかわかんないなーw
18.     2010年04月04日 03:47   u2FPzJWB0
これはビデオカメラでやってほしい
19.    2010年04月04日 05:07   YOp8ZCAh0
回収するときのためのGPSだろ
20. -   2010年04月04日 07:10   rwlCpR6j0
空気の層がきれい
21. 名無し   2010年04月04日 09:44   D3YJOIkv0
よく海に落ちなかったな。多分それも計算したんだろうか。
22.     2010年04月04日 09:48   vaYEg6Wy0
俺、高いところが苦手で
写真でもビビリ入っちゃうくらいなんだけど
これくらい高いと地球の美しさしか感じなくて
なんか涙出そうになるわ
23. 名無しさん   2010年04月04日 10:50   d.yo0doL0
>>2

記憶媒体がなにかわからないけど、それが無事なら大丈夫だろ?
24. うんこ   2010年04月04日 11:08   TxwywoSg0
すげええええええええええ
25.        2010年04月04日 15:38   wxHwX0Fe0
5 凄いですよねー
思わず保存しました。
26.     2010年04月04日 16:32   kA.h.il30
すげぇ…
27. さる   2010年04月04日 18:00   hnLMMZU30
>>21
日本じゃあるまいし適当にやっても海にゃおちんよ
28.    2010年04月04日 19:09   FGiozYGp0
日本でやるとゴミの不法投棄関係で逮捕されるね。
29.     2010年04月04日 19:14   RebmODST0
すごい!すごいよこれ!
30.     2010年04月04日 20:01   CCzJqH700
感動した!
31.     2010年04月05日 00:58   O36ZA2.40
あらためて地球ってキレイやな
32. sugtaka   2010年04月05日 16:07   jnDFzvFE0
凄いけど落ちてきた時に人や物に当たる可能性があると思うとちょっと怖い。
33.     2010年04月08日 21:19   5lXrzkSs0
>>32
パラシュートついてるって書いてあるだろ。
まさかパラシュートが大気圏から落ちるときは時速何百キロまで加速するとか考えてる?
34.      2010年04月08日 22:54   4U2e.eMF0
>>33
万全じゃないってことじゃねーの?
仮に100m上から落ちてきてもケガどころの話じゃない重量のものかもしれんし。
35.     2010年04月09日 04:57   45CGiswO0
パラシュートがちゃんと開く保障はねえだろw
当たったら痛いじゃ済まされんなコレは・・。
これ航空関係とか諸々の許可は取ってやったのかなぁ。
36.     2010年04月10日 00:28   .tzfddLn0
どこにとんで落ちるか分からん物に許可なんてでないよ
道路に着地して事故おきても責任とれる人、
そんな事はおきないと確信できる人はこっそりやるといい
37.     2010年04月14日 20:40   4C0Of0RC0
※35日本人くせえ書き込みだな
38.     2010年04月16日 22:42   12UWgeuB0
着地の位置を知るのにはGPSかなにかしこんだのを使ったんじゃね?
日本でもGPSつきのケイタイとかあるからそういう感じの使ってやったんだろ
39. ぱなしはなしって名無しです   2010年06月21日 20:29   Rd1JQ9dk0
もしパラシュートが開かなかったら燃えてなくなるとか
40. No Name !   2016年06月19日 21:21   5LLhUN8s0
動画だと画質がよくないけど、写真だとすごくいいね

しかも2010年の記事かよこれ
41. No Name !   2016年11月20日 16:29   iwZSiJOX0
いや、これは単に管理外のペースデブリが増える可能性があるし、
高軌道の航空機とぶつかる危険があるから問い合わせただけだよ。
こんなの、NASAは気象予報のため毎日やってることなんだから。

コメントする


名前
絵文字
このエントリーをはてなブックマークに追加    
  


今日の人気記事

    デジログについて
    当サイトは海外のホットな面白画像や動画をまとめているキュレーションサイトです。
    思わずシェアしたくなるネタがたっぷり詰まっています!
    最新コメント
    過去の人気記事
    スポンサードリンク